from updated
2004.7.2 11番目の月 2004.7.2

チタンのめっき




 さて、チタンへのめっきですが、めっき工房に含まれる銅めっきを試しました。

 まず普通にめっきしてみたのですが、説明書に「できない」と書いてあるだけあって、確かにできませんでした。電解めっき自体は行われるのですが、チタン表面に定着できず、表面に弱く貼り付いている状態です。

 こするとはげてしまいます。

メッキ前のチタン




 そこで、研磨材を添加してめっきしてみました。研磨材には、4000番の炭化ケイ素(SiC)を使いました。

 実際のところ、めっき工房のめっきペン先のフェルトに、めっき液と同時にこの研磨材をつける、といういたって簡単な方法です。その結果、あっけなくチタンの表面にめっきできました。

研磨材がのったチタン



 研磨材については、水溶性の粉末であればなんでもいいと思います。

 詳しくは次の章で説明しますが、この銅メッキ膜によって空気を遮断でき、銀ロウ付けできます。

 また、この銅メッキを下地として、金メッキや銀メッキを重ねることもできます。

研磨材




 研磨しながらメッキをする際に一つ注意する点があります。それは研磨とメッキのバランスです。チタンにメッキするにはこの両方の操作が必要ですが、研磨は金属を削る操作であり、メッキは追加する操作です。

 したがって、

a. 研磨材を付けたペン先を押し付ける強さが弱すぎると、酸化被膜を取れないのでめっきできません。

b. 研磨材を付けたペン先を押し付ける強さが強すぎると、めっきされた銅までとれてしまうのでめっきが進みません。

 そんなに微妙な作業ではありませんが、多少試行錯誤する必要があるでしょう。また、めっき速度の速い金属を使った方がうまくいきます。チタンへのめっきとしては、他にニッケルめっきや金めっきも試してみましたが、メッキ速度が遅いためかうまく行きませんでした。

 次に研磨の方法についてですが、メッキ工房標準のフェルトは柔らかすぎるので、角のあるものには適していません。材料の形状でいうと、板材の面部にはいいのですが、端部に使うとすぐにぼろぼろになってしまいます。

 このような場合には、端部にめっき液をある程度貯められるようにして(ビニールテープなどで囲い、簡易のめっき槽を作る)、めっきしながら800番程度の紙やすりでこするといいようです。この場合にも、上で書いたように適度な強さで研磨する必要があります。しかしながら端部の場合、どうしても中央部より角の方が削れやすいので、きれいにめっきするのは困難です。




冨士 俊雄
Toshio Fuji
tofuji@po.jah.ne.jp