日本語化キット

last Updated*2001.12.9

version. 6.302c, 7201a

 

Cinema4D XL/NET/BodyPaint 3D
7.201
6.3用のリソ−スが必要な人は次の項目を見て下さい。
 

* 1 *

 この日本語リソ−スは冨士俊雄が著作隣接権を有するソフトウエアです。この日本語リソ−スをインスト−ルすると、Cinema4DXL 7.2英語版のほとんどの表示を日本語に変更でき、簡単な日本語ヘルプを見ることができます。

Sample4

 そして、このリソ−スはBodyPaint 3Dのリソ−スを含んでいるので、BodyPaint 3Dを日本語化することもできます。

Sample6 Sample7

 BodyPaint 3Dを完全に日本語化するには、本体部分の他にプラグインフィルタ用のリソ−スも必要です。またその他のプラグインを日本語化するためにも、それらのリソ−スを所定のプラグインフォルダの中に入れなければなりません。このリソ−スファイルはプラグイン用のリソースも含んでいて、それらはプラグインフォルダごとに分割して格納されています。
 

 


* 2 *
 私はこの1年間、Cinema4D 6.1から7.0までに対応する日本語リソースを無料で公開してきました。しかし、2001年12月にCINEMA 4D XL 7.3 日本語版がMaxon社より発売され、これに伴って私が独自に翻訳し、公開してきたリソースはその役目を終えます。
 したがって、この5ヶ月間暫定的な処置として有料で公開してきた7.2用リソースを無料化し、また今後この日本語リソースを更新しません。長い間ありがとうございました。

strings_jp72a.sit(Macintosh用)

strings_jp72a.zip(Windows用) 

 


* 3 *

 この日本語リソ−スはプラグインに似た形態を取っていて、単独では動作しません。使用するにはCinema4D XL/BodyPaint 3D 7.xの英語版をインスト−ルする必要があります。

 現在のところ使用できるのは、Cinema4D XL/BodyPaint 3D 7.2とそのデモ版のみです。リソ−ス部分はMac版Windows版ともに共通ですが、文字コ−ドを変換するファイル、及びブラシ初期設定、描画色初期設定ファイルが異なっています。プラットフォ−ムに応じたファイルを購入して下さい。

 全ての日本語リソ−スは1個の圧縮ファイルの中に格納されていて、伸張すると11個のstring_jpフォルダができます。それぞれのstrings_jpフォルダを入れる場所を指定するために、空のディレクトリが組んでありますから、それにしたがってフォルダをコピ−して下さい。

 デモ版のユ−ザ−は、次に説明するように使用言語に関する初期設定ファイルを書き換えられないので、OS上で初期設定ファイル(c4d_language.prf)を置き換える必要があります。これはprefsフォルダの中に入っているので、prefsフォルダごとCinema4Dのアプリケ−ションフォルダにコピ−して下さい。
 

 


* 4 *

 Cinema4Dは一つのアプリケ−ションで複数の言語環境を切り替えて扱えるように設計されています。

 製品版の場合、日本語リソ−スをインスト−ルした後でCinema4Dを起動しても、表示はまだ英語のままです。表示を日本語に変更するには、Edit/GeneralSettings/Interfaceで左上のLanguageの項をEnglish(us)からJapanese(jp)に変更します。

 また文字化けしないように、下のFontsの項の右にあるFボタンを押してフォントを好きな日本語フォントに変更します。

 その後OKボタンを押すとアラ−トが出て、初期設定ファイルが書き換えられます。デモ版ではこの書き換えができません。

 そしてCinema4Dを一度終了し、再起動させると表示は全て日本語に切り替わっているはずです。また同様の操作で表示を日本語から英語に戻せます。

 さらにアプリケ−ション本体の使用言語が日本語になっていて、各プラグインが日本語のリソ−スを持っている場合は、プラグインの使用言語も自動的に日本語に切り替わります。

 


* 5 *
現在のところ、このリソースに関するトラブルは報告されていません。

 

 

 
Cinema4D XL/BodyPaint 3D
6.302
 
* 1 *

 この日本語リソ−スは冨士俊雄が著作権を有するフリ−ウエアです。無料で機能の制限なく使うことができますが、販売したり再配布することはできません。

 この日本語リソ−スをインスト−ルすると、Cinema4DXL 6.3英語版のほとんどの表示を日本語に変更でき、簡単な日本語ヘルプを見ることができます。

Sample1 Sample2 Sample3 Sample4

 そして、このリソ−スはBodyPaintのリソ−スを含んでいるので、BodyPaintを日本語化することもできます。

Sample6 Sample7

 BodyPaintを完全に日本語化するには、本体部分の他にプラグインフィルタ−用のリソ−スも必要です。以下のファイルをダウンロ−ドして伸張してください。そして伸張されたstrings_jpフォルダ−を、pluginsフォルダ−内のBitmapFilterフォルダ−に入れて下さい。

Japanese Resources for Plugin Filters of BP 6302

 またCinema4DXL 6.3用のプラグインを日本語化するリソ−スを別途インスト−ルすると、これも日本語化できます。

Sample5

Japanese Resources for BhodiNUT shaders

 


* 2 *

 この日本語リソ−スはプラグインに似た形態を取っていて、単独では動作しません。使用するにはCinema4DXL 6.3の英語版をインスト−ルする必要があります。

 現在のところ使用できるのは、Cinema4DXL 6.302の製品版、及びデモ版です。リソ−ス部分はMac版Windows版ともに共通ですが、文字コ−ドを変換するファイルが一部異なっています。プラットフォ−ムに応じたファイルをダウンロ−ドして下さい。

 


* 3 *

 この日本語リソ−スは2個の圧縮ファイルで構成されています。まず以下のファイルをダウンロ−ドして伸張して下さい。

japanese_res_m6302.sit(Macintosh用)

japanese_res_w6302.zip(Windows用)

 伸張するとunicode.mac(Windowsの場合はunicode.win)ファイルとstrings_jpフォルダ−ができます。このうちunicode.macファイルをCinema4Dのアプリケ−ションフォルダ−の中に、strings_jpフォルダ−をアプリケ−ションフォルダ−内のresourceフォルダ−に入れてください。製品版のユ−ザ−はこれでインスト−ル完了です。

 デモ版のユ−ザ−は、次に説明するように使用言語に関する初期設定ファイルを書き換えられないので、OS上で初期設定ファイルを置き換える必要があります。

 したがって、さらに以下のファイルをダウンロ−ドして伸張して下さい。

c4d_language.zip

 伸張するとc4d_language.prfができます。これをCinema4Dのアプリケ−ションフォルダ−の中のprefsフォルダ−の中に入れてください。prefsフォルダ−がない場合には新規フォルダ−を作り、正確にこの名前をつけてください。デモ版のユ−ザ−もこれでインスト−ル完了です。

 


* 4 *

 Cinema4DXL 6.3は一つのアプリケ−ションで複数の言語環境を切り替えて扱えるように設計されています。標準で入っているのは英語とドイツ語とフランス語のリソ−スですが、同等の機能を持った日本語リソ−スをインスト−ルすれば日本語を選択できるようになります。

 日本語リソ−スをインスト−ルした後でCinema4Dを起動しても、表示はまだ英語のままです。表示を日本語に変更するには、Edit/GeneralSettings/Interfaceで左上のLanguageの項をEnglish(us)からJapanese(jp)に変更します。

 また文字化けしないように、下のFontsの項の右にあるFボタンを押してフォントを好きな日本語フォントに変更します。

 その後OKボタンを押すとアラ−トが出て、初期設定ファイルが書き換えられます。デモ版ではこの書き換えができません。

 そしてCinema4Dを一度終了し、再起動させると表示は全て日本語に切り替わっているはずです。また同様の操作で表示を日本語から英語に戻せます。

 さらにアプリケ−ション本体の使用言語が日本語になっていて、各プラグインが日本語のリソ−スを持っている場合は、プラグインの使用言語も自動的に日本語に切り替わります。

 


* 5 *

  現在のところ、この日本語リソ−スに関する問題はありません。

 


* 6 *

 この日本語リソ−スに関する質問などについてですが、個別のメ−ルに対応するのは困難で、また情報を共有できません。したがって私が主宰しているメ−リングリストの方へ送るようにお願いします。

Mailing List

 またこのペ−ジへのリンクはフリ−ですが、直接ではなく、以下のホ−ムペ−ジに対してリンクを貼って下さい。

http://www.linkclub.or.jp/~fuji/cinema4d/index.html

 

 

このWebsiteは個人によって運営されています。御質問等は以下のアドレスまでどうぞ。

E-mail/fuji@air.linkclub.or.jp

冨士 俊雄 /11番目の月 

Toshio Fuji /11th Moon